就労定着支援システム SPIS

SPISと4つのケアについて

4つのケアについて

4つのケアとは、平成14年に平成11~13年までの間に精神障害の労災認定件数が増加した事に伴って、「重労働による健康障害防止」を目的とした総合通達として長時間労働の実体がある企業に対する監督指導として設定されました。
 当事者が「ストレスチェック」等を使って自分自身で行う、【セルフケア】、
 会社の管理監督者が当事者と行う【ラインケア】、
 産業医等の事業所内の専門家が行う【スタッフケア】、
 社外の専門機関(臨床心理士等)による、【外部資源ケア】
この4種類をもって、日々の仕事の中で直接、従業員をケアする事で従業員のメンタル的な悩みを解決する事が出来ると考えられています。
しかし、この4つをそれぞれ有機的に重ね合わせる事が大変難しく、大きな課題となっていました。

 

4つのケアとSPISの連携について

SPISは、その仕組みが最初から4つのケアの考えを組み込んだかのような設計になっていて、とても相性が良いのです。(臨床心理士・宇田亮一氏より)
上記で4種類のケアを有機的に重ね合わせる事が難しいと書きましたが、SPISと組み合わせる事でそれぞれのケアの連携がとてもスムーズに実現し、行えるようになるのです。

 

厚生労働省発表「労働者の心の健康の保持促進のための指針について」は、 こちらをご覧ください

 

臨床心理士 宇田亮一氏については、こちらをご覧ください

 

出典:平成27年度 公益財団法人JKA 補助事業 RING!RING!プロジェクト
「簡単操作のWebシステムを利用した『精神障害者の継続雇用支援』」

ページトップへ