就労定着支援システム SPIS

事例の紹介

NPO法人全国精神保健職親会ではSPIS普及啓発のための活動を行っており、これまで数多くの方にお使いいただいています。このページではSPISを活用した精神・発達障害のある方の就労支援の事例を紹介します。

SPISを活用した就労支援定着支援への取り組み

全国精神保健職親会 兵庫県精神保健職親会 2020年度共催研修会
就労支援システム「SPIS」セミナー(入門編) ~当事者と職場、支援者の対話を活性化させるWeb日報システム「SPIS」~ (2020年9月5日開催) 事例報告より

「SPISチームけんたろう」対話と支援

医療法人社団東峰会 関西青少年サナトリューム
地域リハビリテーション事業部長 馬場 麻里子さん

「SPISチームけんたろう」対話と支援

「チームけんたろう」によるトークセッション
(当事者、支援者、外部相談員によるチーム)

SPISを活用した在宅就労支援の可能性

2020年度 JKA補助事業 事業報告会
コロナ時代の多様な就労形態に対応する支援・雇用マネジメント ~一人ひとりがいきいきと活躍する障害者雇用へ~ (2021年1月29日開催) パネルディスカッション 事例報告より

一般社団法人ワークネット北九州 代表理事
元重 義則さん

SPISを活用した就労定着支援モデル事業(SPIS京都モデル事業)の紹介

2020年度 JKA補助事業 事業報告会
コロナ時代の多様な就労形態に対応する支援・雇用マネジメント ~一人ひとりがいきいきと活躍する障害者雇用へ~ (2021年1月29日開催) パネルディスカッション 事例報告より

京都障害者雇用企業サポートセンター 実践アドバイザー
谷垣 信也さん

ページトップへ