就労定着支援システム SPIS

ごあいさつ

理事長あいさつ

SPIS研究所は、2018年(平成30年)、精神障害者雇用義務化の年に、一般社団法人として創設されました。主な事業内容は、精神・発達障害者の就労定着を支援する専門家、ならびに企業(職場)担当者を育成することにあります。

これまで、わたしたちは精神・発達障害の方の就労定着に取り組んでまいりましたが、活動のきっかけは精神・発達障害の方が就労後一年以内に6割以上も辞めてしまうことにありました。とりわけ大きな問題は、退職する障害者の多くの方が「自分はやっぱりダメなんだ」という思いに回帰していくことでした。

この問題に立ち向かうため、わたしたちはSPIS(エスピス)という枠組みを使って、当事者の方と、そして職場の担当者の方とも、ともに悩み、苦しみながら、「もううつむかなくていい。もうこれ以上、自分を責めなくていい。背負わなくていい」という思いを伝えてきました。2013年SPISが始動して以来、当事者、企業、支援機関の方々からたくさんの賛同の声をいただき、就労継続に及ぼすSPIS効果に大きな手応えを感じています。

この活動を通じて、わたしたちが学んだことは、就労定着がうまくいくかどうかは、実は障害者の問題というよりも、支援する企業(職場)担当者や外部相談員の関わり方のほうが大きいのではないかということでした。ここにSPIS研究所設立の原点があります。

今後、SPIS研究所は、精神・発達障害者の就労定着のみならず、ひろく対人援助にかかわる専門家、ならびに企業(職場)担当者の育成を視野に入れて努力を積み重ねてまいります。今後ともご支援のほど、よろしくお願いします。

一般社団法人 SPIS研究所
理事長宇田亮一

所長あいさつ

「SPIS(エスピス)」は、Webシステムを利用して精神・発達障害のある従業員、雇用企業の職場担当者、外部支援者であるSPIS相談員の三者が連携する支援のプラットフォームです。このプラットフォーム内で当事者である従業員は自身の心身のコンディションを日々発信し、職場担当者とSPIS相談員がその情報をリアルタイムで共有し、当事者の自己コントロール力や発信力、職場における当事者サポート力を向上させるべく、システム内の対話を通じて相互に働きかけます。

私たちSPIS研究所は、このシステムツールである「SPIS」を最大限効果的に活用するために、SPIS相談員の養成研修とスーパーバイズ、「SPIS」をご利用いただく企業の職場担当者への研修、および「SPIS」活用モデルの開発や導入事例の調査研究等を中心に活動してまいります。

2018年度には障害者法定雇用率が引き上げられ、精神・発達障害者である当事者の就労の場は、ますます広がりを持つとともに、働き続けたいという当事者の思いは、より強いものになっていきます。

精神・発達障害者である当事者が、安心かつ安定して働き続けるためには、職場担当者が、当事者をどのように理解し、どのように支えていくか、そしてこの二者関係を外部支援者であるSPIS相談員がどのように支援し見守っていくかがとても重要であると考えます。さらにはこの三者が日々の「SPIS」でのやり取りを通じて、連環しながら対話する力を育んでいくことが、当事者が働き続けるためには不可欠であると考えます。

SPIS研究所ではこうした力をさらに一層高めるべく、多くの事例の調査研究を積み重ね、様々な講座や研修を通じて、当事者の気持ちにより深く届く関わり方を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

また今後は精神・発達障害者の就労継続支援のみならず、様々な領域における当事者の孤立化を防ぐためのネットワークやコミュニティの構築にも、「SPIS」が寄与していくものと考えております。

私たちは、「SPIS」を通じて当事者に寄り添い、当事者から学ぶ謙虚な姿勢を忘れずに、「SPIS」を真に役に立つものとして担っていただける方々と一緒に、前進していきたいと考えています。

今後とも、皆様の変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

一般社団法人 SPIS研究所
所長橋倉 正

ページトップへ