就労定着支援システム SPIS
ホーム >イベント情報 >

イベント内容

このイベントは終了しました。

「SPIS講座 社内環境編 in 横浜」開催のご案内

Web日報を活用して職場の対話を活性化させる
メンタルケアマネジメントシステム
SPIS講座 社内環境編 in 横浜

かながわ精神障害者就労支援事業所の会では、全国精神保健職親会(vfoster)が運営するWeb日報システム「SPIS」を、障害者雇用の定着支援・求職者の復職支援・就労継続支援B型 "ホープ大和" で自分自身を知るツールとして活用してきました。この「SPIS」の特徴は、本人の困りごとや課題に着目したチェック項目を本人主体で設定し、その自己評価の記録を蓄積すること。評価記録と併せてオンライン支援や直接の体面を通じて、本人と関係者間で対話を深めることです。障害者雇用を進める上では、さまざまな環境整備を行う必要があり、そこから "社員一人ひとりの働きやすさとはなにか" に気づかされるものが見えてきます。この研修会では、その "気づき" を共有し、学び、意見交換のできる場にしたいと考えています。

開催日 2020年2月7日(金)
時 間 13:00~17:30(受付開始 12:45から)
場 所 横浜新都市ビル(そごう横浜)9F 市民フロア 会議室A,C
(〒220-0011 横浜市西区高島2-18-1 横浜新都市ビル そごう横浜店9階)
(GoogleMapで表示する)
講座担当 一般社団法人SPIS研究所ほか
定 員 42名(要・事前申込)
参加費 5,000円(企業)/ 3,000円(支援機関等)
対 象 精神障害者(発達障害者)を雇用、または雇用を検討する企業、就労支援機関、医療機関、行政機関など


当日のプログラム(内容・担当者等、詳細は変更となる場合があります。)

受 付 開 始(12:45 - )
13:00
-
13:05
開講挨拶
13:05
-
13:55

基調講演 
法政大学 現代福祉学部 教授 眞保智子

13:55
-
14:35
事例報告1(企業から)
「会社の組織風土改善への取り組み ~誰もが働きやすい会社を目指して~」

東海鋼鉄株式会社 常務取締役 鴨山剛至
小 休 憩(14:35 - 14:45)
14:45
-
15:15

Session  「WEB日報システム SPIS とは」
開発目的から導入効果まで。ワークフローと操作方法をレクチャーします。

15:15
-
15:45

事例報告2(企業から)
「復職支援事例報告 ~復職支援・就労定着でSPISが職場に与えた効果~」

株式会社テクノイケガミ 取締役 蒲谷幸利

15:45
-
16:25
グループワーク&意見交換
ここまでの発表を踏まえてグループで意見交換をします。グループで話されたテーマや質問等はパネルディスカッションで投げかけ、パネリストを会場で全体トークします。
小 休 憩(16:25 - 16:35)
16:35
-
17:20
パネルディスカッション 

●パネリスト
 ・一般社団法人 SPIS研究所 理事 宮木孝幸
 ・株式会社 テクノイケガミ 取締役 蒲谷幸利
 ・東海鋼鉄 株式会社 常務取締役 鴨山剛至

●コーディネーター
 ・法政大学 現代福祉学部 教授 眞保智子

17:20
-
17:30
閉講挨拶
17:30
-
 
名刺交換・情報交換会

 

参加方法

下記フォーム、FAXもしくはメールにてお申し込みください。
メールでのお申し込みの際は、下記掲載PDF内の必要事項をご記載の上、ご送信ください。

申込先 NPO法人 全国精神保健職親会(vfoster)東京事務所 宛
FAX 03-5778-4138
TEL 03-5778-4134(担当:じょん、山崎)
Mail event@vfoster.org
締 切 ※定員になり次第締め切ります。
詳 細 詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

 

  • お預かりした個人情報は、本セミナーの管理や手続などでのご連絡、当会からの各種お知らせ等以外での目的では一切使用致しません。


共催:

NPO法人 全国精神保健職親会(vfoster)


 

NPO法人 かながわ精神障害者就労支援事業所の会

 

講座担当:一般社団法人SPIS研究所

後援:神奈川県



このセミナーは公益財団法人JKAから競輪公的資金の提供を受けて実施されます。

ページトップへ