就労定着支援システム SPIS
ホーム >イベント情報 >

イベント内容

このイベントは終了しました。

「第2回 精神・発達障害者 就労定着支援フォーラム in おおさか」開催のご案内(大阪)

 この4月からの精神障害者の雇用義務化、法定雇用率の引き上げに伴い、三障害(身体障害、知的障害、精神・発達障害)における新規就労件数で精神・発達障害者が最も多くなっており、精神・発達障害者の雇用は拡大されています。それに対し、喜びの声もある反面、就労定着に対する厳しい声も伺います。
 今年度より、施行された定着支援事業については、各方面から高い関心を集めておりますが、施行後間もないこともあり、そのあり方や、その効果は明らかではありません。
 そこで、本フォーラムでは、精神・発達障害者の定着支援について当事者、福祉、医療、企業、行政それぞれの立場からの報告や議論を通じて参加者の皆さまと課題や、将来展望を共有させて頂きます。

開催日 2018年6月22日(金)
時 間 13:00~17:30(受付開始 12:00から)
場 所 ドーンセンター 7F ホール(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
定 員 300名(要予約)
参加費 3,000円
対 象 精神・発達障害者の就労支援に関わる方

 

当日のスケジュール(内容・担当者等、詳細は変更となる場合があります。)

受 付 開 始(12:00 - )
13:00 -
13:10
開会のあいさつ NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク(JSN)JSN新大阪アネックス 所長 茂木 省太
13:10 -
13:50
行政報告
「定着支援事業について(仮)」

厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課より
休 憩(13:50 - 14:05)
14:05 -
15:25

問題提起
「定着支援の現場から ~言いっぱなし~」

社会福祉法人 加島友愛会 障害者センター 館長 酒井 大介
有限会社 奥進システム 代表取締役 奥脇 学
医療法人 三家クリニック 医療福祉相談室 室長 浜中 利保

休 憩(15:25 - 15:40)
15:40 -
15:50
共同主催者あいさつ
日本財団 公益事業部 国内事業開発チーム チームリーダー 竹村 利道
15:50 -
17:25

シンポジウム
テーマ「働き続けるを支える」 
~JSN10年の仕事を振り返って~
パネリスト:株式会社トーコー 総務部 エキスパート 小澤 公嗣
      医療機関関係者
      当事者(JSNを利用されて就職された方)
      JSN地域・企業連携事業部 主任 橋本 泰伸
      JSN地域・企業連携事業部    村上 麻美
コーディネーター:NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク(JSN)統括施設長 金塚 たかし

17:25 -
17:30
閉会のあいさつ NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク(JSN)事務局長 保坂 幸司

 

参加方法

代金をお振込みの上、下記までFAXでお申し込みください。 ※振込手数料はご本人様負担でお願いいたします。
メールでのお申し込みの際は、下記掲載PDF内の、①~⑩の内容を本文にご記載の上、ご送信ください。

申込先 JSN茨木 宛
FAX 072-645-6644
Mail syuurou.teityaku@gmail.com
振込先 三井住友銀行 茨木西支店 普通 0652126 
NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク 理事長 田川精二
締切 平成30年6月8日(金)(定員になり次第締め切ります)
詳細 詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

 

  • お預かりした個人情報は、フォーラム管理にのみ使用し、その他目的には一切使用しません。
  • キャンセルの場合、返金はいたしかねます。ご了承ください。
  • お申し込み日から10日以内に参加証を送付いたします。万が一こちらからの連絡がない場合は、お手数をおかけしますが、担当者までご連絡ください。
ページトップへ