就労定着支援システム SPIS
ホーム >イベント情報 >

イベント内容

このイベントは終了しました。

「精神・発達障害者 就労定着支援フォーラム in ながの」開催のご案内(長野)

この4月からの精神障害者の雇用義務化、法定雇用率の引き上げに伴い、三障害(身体障害、知的障害、精神・発達障害)における新規就労件数で精神・発達障害者が最も多くなっており、精神・発達障害者の雇用は拡大されています。それに対し、喜びの声もある反面、就労定着に対する厳しい声も伺います。

今年度より、施行された定着支援事業については、各方面から高い関心を集めておりますが、施行後間もないこともあり、そのあり方や、その効果は明らかではありません。

そこで、本フォーラムではJSN の取り組みなどをご紹介させていただくと共に、就労定着支援のツールのひとつであるSPISを通して当事者理解や関係性を構築するノウハウを参加者のみなさまと共有させて頂きます。

開催日 2018年11月16日(金)
時 間 10:00~16:30(受付開始 9:30から)
場 所

佐久平プラザ21 会議室 柏

定 員

40名(要予約)

参加費 無料
対 象 精神・発達障害者の就労支援に関わる方

 

当日のスケジュール(内容・担当者等、詳細は変更となる場合があります。)

受 付 開 始(9:30 - )
10:00 -
10:30

開会のあいさつ
NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク(JSN) 事務局長 保坂 幸司

10:30 -
11:10

SPIS講座入門編
Session 1 「SPISのしくみを知る」
開発目的から導入効果まで。ワークフローと操作方法をレクチャーします。

休 憩(11:10 - 11:20)
11:20 -
12:00

講演 「SPIS実例報告」
有限会社まるみ 取締役社長 三鴨 岐子

昼 食 休 憩(12:00 - 13:00)
13:00 -
13:50

Session 2 「SPISの特徴を知る」
SPISの3つの特徴と、支援者に求められるカウンセリングマインドとコーチングスキルについて、具体的に説明します。

休 憩(13:50 - 14:00)
14:00 -
15:00

Session 3 「当事者を理解する」
当事者からの発信をどう読み解くか。グループワーク形式で学習します。

休 憩(15:00 - 15:10)
15:10 -
16:20

Session 4 「当事者との関係を作る」
当事者からの発信に支援者としてどうコメントし関係を作っていくか。グループワーク形式で学習します。

16:20 -
16:30

閉会のあいさつ
NPO法人 障がい者雇用支援ネットワークながの 理事長 山室 瞬二

 

参加方法

下記までFAXでお申し込みください。
メールでのお申し込みの際は、下記掲載PDF内の、①~⑥の内容を本文にご記載の上、ご送信ください。

申込先

JSN新大阪アネックス 宛

FAX 06-6307-1711
Mail jsn-a@muse.ocn.ne.jp
締切 平成30年11月2日(金)(定員になり次第締め切ります)
詳細 詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

 

  • お預かりした個人情報は、フォーラム管理にのみ使用し、その他目的には一切使用しません。
  • お申し込み日から10日以内に参加受付のメールを送付いたします。万が一こちらからの連絡がない場合は、お手数をおかけしますが、担当者までご連絡ください。
ページトップへ