就労定着支援システム SPIS
ホーム >イベント情報 >

イベント内容

このイベントは終了しました。

「SPIS 入門・活用セミナー in 東京」開催のご案内(東京)

Web日報を活用して職場の対話を活性化させる
メンタル・ケア・マネジメントシステム
SPIS 入門・活用セミナー in 東京

2018年4月から義務化された精神障害者(含・発達障害者)の雇用では、就労継続への課題が指摘されており、雇用企業も支援機関もその支援に大きなエネルギーを注いでいます。vfosterではこの数年、就労支援システム「SPIS」の普及活動を進めて参りましたが、この「SPIS」が提供する支援アプローチには2つの大きな特徴があります。1つ目は、本人の困りごとや課題に着目したチェック項目を本人主体で設定し、その自己評価の記録を蓄積する事。2つ目は、評価記録と併せてオンラインや直接の対面を通じて、本人と関係者間で対話を深めることです。そして、この2つのプロセスの継続が本人の就労安定の鍵となります。本講座ではこのアプローチに対する理解を深めて参ります。

開催日 2019年5月25日(土)
時 間 10:00~17:00(受付開始 9:40から)
場 所

人事労務会館 中会議室
(〒141-0032 東京都品川区大崎2-4-3)
(GoogleMapで表示する)

定 員

24名(要予約)

参加費 10,000円(企業)、7,000円(支援機関)
対 象 SPIS導入(予定)の企業、支援機関のご担当者様

 

当日のスケジュール(内容・担当者等、詳細は変更となる場合があります。)

受 付 開 始(9:40 - )
10:00 -
10:10

開会のあいさつ
NPO法人 全国精神保健職親会 専務理事/事務局長 保坂 幸司

10:10 -
11:50

SPIS講座入門編
Session 1 「SPISのしくみを知る」
開発目的から導入効果まで。ワークフローと操作方法をレクチャーします。

昼 食 休 憩(11:50 - 12:50)
12:50 -
14:50

●事例・研究 「支援機関活用例」
就労継続支援事業B型 ホープ大和 施設長 吉野 敏博
●事例・研究 「企業活用例」

株式会社テクノイケガミ 取締役 蒲谷 幸利
●質疑応答

質疑、意見交換等(ご参加者様からの質疑応答)

小 休 憩(14:50 - 15:00)
15:00 -
16:20

Session 2 「当事者との関係をつくる」
当事者からの発信にどうコメントし関係を作っていくか。グループワーク形式で学習します。

小 休 憩(16:20 - 16:30)
16:30 -
17:00

閉会のあいさつ
有限会社奧進システム 代表取締役 奥脇 学(SPIS開発企業)

 

参加方法

下記までFAXでお申し込みください。
メールでのお申し込みの際は、下記掲載PDF内に必要事項をご記載の上、ご送信ください。

申込先

NPO法人 全国精神保健職親会(vfoster) 宛

FAX 03-5778-4138
Mail event@vfoster.org
締切 令和元年5月20日(月)(定員になり次第締め切ります)
詳細 詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

 

  • お預かりした個人情報は、セミナー管理にのみ使用し、その他目的では一切使用しません。
  • お申し込み日から10日以内に参加受付のメールを送付いたします。万が一こちらからの連絡がない場合は、お手数をおかけしますが、担当者までご連絡ください。

主催:NPO法人全国精神保健職親会(vfoster)

 

   

このセミナーは公益財団法人JKAから競輪公的資金の提供を受けて実施されます。

ページトップへ