どこにいても、
見える!伝わる!
SPISは、さまざまな業種の企業で働く人の、毎日の業務記録と報告、 職場内コミュニケーション、そして気になる項目を自由にセットして チェックできる便利ツールです。

お申し込みいただいた翌月末まで、無料でお試しいただけます

ウェブ上でささっと業務報告、
紙やエクセルの報告書からの解放

SPISは、PCやスマートフォンを使って、
Web上で業務日報を作成できます。
使うデバイスや場所、時間も選びません。
そして、ドラッグ&ドロップの直感的な操作が可能です。

紙に書いた業務報告書を提出したり、
Excelで作ったファイルをメール送信する
必要はありません。
紙やファイルの管理から解放されます。

機能の詳細を見る

働く人の毎日のために「使える」機能がオールインワン

  • ポイント1

    かんたん日報で業務報告

    SPISは、その人ごとに記録する業務をあらかじめセットできるので、業務日報を書く時は、登録している仕事を選んでやった時間を入れるだけ。

    ブラウザを使ってWeb上で入力しておけば、紙を提出したり上司に声をかけたりする必要はありません。

  • ポイント1

    しっかり
    コミュニケーション

    SPISは、一緒に仕事をする人に、知ってもらいたい、質問したい、意見を聞いてみたい、そう思うこと(=コミュニケーションしたい気持ち)を応援します。
    コメント欄に自由に思うことを書いておけば、声をかけて時間をもらわなくても上司の目に触れて、返事を受け取る機能があります。

  • ポイント1

    カスタマイズできる
    ”マイチェック”機能

    毎日を過ごしていて、気になるところは人によって違います。SPISでは、それぞれに気をつけたいことを自由に設定して、4段階で評価できます。

    評価した結果は自動でグラフ化され、調子のいい/悪いがぱっと見ただけ確認可能です。

  • ポイント1

    メンタルヘルスケアの
    仕組みとして

    SPISというシステムを通して見守ったり声をかけたりすることで、メンタル不調の社員を支えます。

    インターネットがあれば、離れたところから支援することも、外部の専門家からアドバイスをもらうことができます。

記録された日報から自動で
集計してグラフ化し作業の状況を
一目瞭然に

日報に記録されている作業の実績時間を
作業ごとに自動で集計します。

誰がどんな仕事をどれくらいやっているのかが
簡単にわかります。

”マイチェック”の結果は
折れ線グラフに線の凸凹で
自分の体調を
視覚的に把握できます

日報と一緒に日々つける
”マイチェック”の記録内容は、
折れ線グラフで表示できます。

その日の天気や仕事の状況と比較すると、
意外な関わりに気づくことも。

プランと料金を見る

働く人のがんばりを「見える化」し、安心して働ける環境づくりを

働き方が多様化している今、誰が何をしているのか、何に困ったり相談したいと思っているのかがわかりにくくなっています。
同じ場所で働いていても、見た目でそれがわからないこともあります。
SPISならどこで働いていても、報告し、相談し、話しかけることができます。繋がる糸になります。